外国人技能実習生受入事業

image03

人材育成による国際貢献をお考えの経営者、人事担当者の皆さん

企業での技能実習を通じてわが国の「技術・技能・知識」を外国人技能実習生に伝える国際貢献のための公的制度です。

意欲ある優秀な若者を受入れることで企業を活性化することができます。

 


概要

外国人技能実習生受入制度は、海外の若い人材を一定期間、雇用する制度です。
労働関連法令適用のもと雇用契約を結び、日本の企業に受け入れて技術・技能や知識を習得させ母国に帰り、
経済発展に役立ててもらう事を目的としており、日本の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。
労働関係法が適用され、日本人と同様の条件で就労します。
技術移転が目的で受入れ企業における発展途上国の経済発展を目的とした国際貢献です。

 


メリット

適切な体制での外国人実習生受け入れは、職場の活性化、離職率の低下、国際化など多くのメリットを受けることができます。

職場の活性化
日本で修得した技術・技能を自国発展に役立てたいという意欲を持つ若者が職場に入ることにより、日本人社員への刺激にもなり、社内の活性化につながります。

事業の国際化、ビジネスチャンスの拡大
実習生受入れを通じて、派遣元政府・企業との接点ができ、外国進出などの基盤作りにつながり、ビジネスチャンスを飛躍的に拡大させる可能性があります。

 


人数

技能実習生の受入人数は、入管法により規定されています。
具体的には従業員数50人以下の企業の場合、1年間で最大3人の技能実習生を受け入れることが可能です。
3人の外国人技能実習生は1年目に(1号)、2年目に(2号で1年目)、3年目に(2号で2年目)と3年間滞在します。

 


受入の流れ

技能実習生受入手続きの流れ

 

 


外国人技能実習生受入実績

過去の主な実績

2013年8月現在

福岡他九州地区において、工場生産現場・自動車関係・農業関係・建設関係 30社。

東京他関東地区において、建築関係・建設関係・溶接・防水 15社。

大阪他関西、中国地区において、食品加工・塗装・建設金属部品・水産加工 17社。

の実績があります。

 

 

ご相談、お問い合わせはお気軽に

事業協同組合ケーシーエス

福岡市中央区薬院3-3-33

TEL:092-533-5080 / FAX:092-524-6315

お問い合わせフォーム